上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.01 夢のあと

よ....よし!なんとか今年はエイプリルフールできたぞ!!
気になる方はぜひR-F本館をご覧くださいませ。たいしたことないよ。
日付が変わる前に間に合ってよかったぜ....


さあて、あこがれの北海道!!
そりゃあもう、前にも書きましたが、俺にとって北海道は
魚介類はうまいし、気温は低いし、キタキツネいるし(会わなかったけどね)、
ジンギスカンだし、広いし、雪ふるし、札幌はステキな街だし、
そして魚介類に限らず乳製品とかあんことか何食べても美味しい
地上の楽園だった訳ですよ。
なにより、一番の友だちと一番の楽園に行けた事がうれしいです。
いやあ後悔が何もないくらいうまいもんたくさん食べてきたぜ!!
そしてあきれるほど岡野さんに迷惑かけてきたぜ☆(ダメです


--初日--
飛行機が死ぬほど怖い紅狐。
緊張しすぎてベルトが金属探知機に引っかかったり
乗ったら乗ったで飛ぶまで「ねえ飛ぶの?これ飛ぶの?」ってずっとうるさかったり
飛んだら飛んだで、機内の飲み物がノドを通らなかったり
まず行くまでが大変でした。
....無事に離着陸できてよかった。ホントによかった。

あこがれの北海道。
空港からホテルまで電車でけっこう移動したんですが、
もう窓の外が既に『雪国です。』って語ってるくらい寒そうでした。
まあ寒さに強く寒冷地を好む俺様には天国のような土地だがな!
 ※紅狐はキタキツネではなくアカギツネです。

札幌駅は鬼のように広くて腰抜かした。
外観が大きくて白くて美しい!星模様の時計可愛い!
ツアーに含まれているホテルは、驚くくらい高級なとこだったけど、
さらに何故か勝手に部屋がアップグレードされてて(タダで)
マッサージチェアが付属してきた。
もちろん興味本位で稼働させてみましたが、『足もみ』に
絞 め 殺 さ れ そ う だったのですぐやめた。こわい。こわいよ。

いきなりラーメン共和国でみそバターコーンラーメン食べて、
いざ行かん観光名所『大通公園』!!
テレビ塔!石川啄木の記念碑!冗談のように広い道!
イサム・ノグチの謎のオブジェかと思ったらすべり台!
謎の野外ステージ!
道ばたにとけのこる雪!
そして意外と多いきれいなビル郡!!
冬なのでいろいろ閉鎖されてましたが、すでに最高の景色でした。
いやあステキだわ大通。最高だわ大通公園。
いつもNHKのお天気カメラで見てる風景が、実際に見られてよかった。

夜はグーグルマップを死活用して岡野さんを道に迷わせつつも、
偶然安くてうまいジンギスカン屋を発見して、ふたりで鍋。
やっぱ羊はうまいなあ。

ホテルに帰ってからは、エッグマンの話とかしながらのおやつパーティ。
初日は過ぎていきました。



--2日目--
朝っぱらからホテルで朝食バイキングを食べて(牛乳飲み放題ヤッホー!!)、
部屋でのんびりテレビなんか見てたら
KG高校でデッサンを教えていた先生にそっくりな体操のお兄さんが
某おかあさんといっしょで大変な踊りを踊っていました。
しかも、「出演者」クレジットにその先生と同じ名字。
....気になる。すっげー気になるんだが真相は闇に包まれている。

二日目は小樽で観光&食い倒れ。
まずは「これを食べにきたんだ!」と行っても過言ではない海戦丼を探しましたが、
さすがにお値段が張る張る....
しかし、再び偶然に1000円を切る店を見つけ出し、第一の目的を果たしました。
魚介うめえええええ!最高だあああああ......!!
と叫びたいのはこらえて、「おいしいねー」でなんとか気持ちを表現しました。

雨や雪が降る極寒の天気の中、
やはり本場は味の違う、乳製品の王様ソフトクリームや、
岡野さんオススメのかまぼこ屋(工場が真裏にあるので、作ってる過程も見られました。
ああいう所大好きだ)で、できたての信じられないほどうまい練り物をいただいたり
こしあんも皮も最高の大福を買ったりと、小樽も満喫。

そして帰りに、岡野さんの故郷にある『青少年科学館』という
いろいろな理科の実験的な楽しい展示物がある場所へ寄る予定だったのですが
なんということか、目の前で閉館。
いやいやいやまだ4時だよ!閉まるの早いよww
仕方なく、同じく幼少岡野さん御用達の「(旧)こどもの国」という場所へ入ってみました。

100円で10枚のコインが出てくる両替機があり、思わず換金。
都心ではもう見られないようなレトロすぎるゲームコーナーで、
心の底から遊びまくってきました。 す....すげえ楽しい。
『回るゲタを止め、表か裏かで賭けるゲーム』(百発百中)や、
『ルーレットで進むすごろく』(絶対ゴールできない)や、
マリオ3やワールドのルーレット(ふ....古すぎだろ....!!)、
タイトーのスライドテーブルゲーム(91年製!!)、
4匹の動物がレースする所に、競馬よろしくコインを賭けるゲーム(もはや昭和製だろ)など。
あと、やらなかったけどスマックスのコインシューターみたいなギャラクシアンも見た。
それから比較的最近のワンキーゲームで、Summy製のやたらキャラデザが素晴らしいものもプレイ。
....凶悪な設定すぎてまったく勝てなかった。お、覚えてろよ!

さんざん遊んだあと、夜は回転寿司へ。
......ダメだ、こればっかりは文章では言い表せない。
とにかく美味しかった。最高に美味しかった。泣きたくなるくらい美味しかった。
ただのサーモン(安いけど好物です)すら、近所のスシ屋の数倍うまかった。
高級なシャコやホッキ貝も、ワリカンして二人で食べたり、
大好きな月見サーモンを勇気出して注文してみたり、
岡野さんがタコ頼んだら何故か『タコの頭』が出てきたり(普通のタコ足よりかなりおいしい)
何より一番思い出に残ったのは、根室産の春ニシン。
あんなにうまいスシがこの世に存在するのか。そうか。

ようやく帰り道!....ですが、
俺がまさかの 切 符 紛 失 をやらかして、駅員さんにお世話になったりしました。
北海道にメロメロになりすぎて注意力が散漫になっていたようです。



--最終日--
バイキングのあと、岡野さんが親戚の家へ行かなくてはならなかったので別行動へ。
一人でチェックアウト....のやりかたが分からなくて、ググったぜ☆
やっぱりわからなくてこっそり母上に電話したぜ☆(無事出てこられました)
別行動中は、ポケモンセンターサッポロを見に行ったりしましたが入れなかった。
しかし女の子がサイフ落としたので拾ってあげた。いい事した気分だ。
合流時間までは結構あったので、サッポロのステキなビル群の写真撮ってました。
か..... 観光......?

帰る前に今度こそ、『青少年科学館』へゴー!
しかしサイフの小銭ぶちまけたり、改札で切符取り忘れたり、やっぱりアホでした。

科学館....いいなあ。ああいう施設、かまぼこ工場の見学もそうだったけど
いろいろわかりやすく魅せてくれる施設って大好きだ。ホント大好きだ。
WINKYという名前のステキなナビゲーターロボがいたり、
宇宙の神秘を体験できるコーナー、自分の体の仕組みを理解できるコーナーがあったり、
この世の中のさまざまな科学を体験してきました。
一番印象に残ったのは、『人間の顔を認識し、似顔絵をふでペンで描くロボット』。
車工場にいるような外見なのに、繊細なタッチでつたない絵を描いてくれる。
いいなあああ。ああいうのと友だちになりたい......

ちなみに、ゲームコーナーもそうでしたが
北海道のこういった施設は少しだけ都心より時間の流れが遅いです。
ものすごくカタコトでしゃべる『おしゃべりワープロ』(ワープロ!?)とか、
ちょっとひと世代前.... ポケモンで言えば今ルビサファやってる感じだ....
ちなみに、ワープロくんには
「片道切符だよ!」とか「残念だァ!」とかしゃべらせてきました。
「ナック↑ルズ→」とかいう発音聞いてると、今では進歩したんだなあって思う。


そして、とうとう北海道ともお別れ。
帰りの飛行機では、口こそ黙っていましたが
「無事に帰れますように無事に帰れますように無事に」とエンドレスで祈りながら
安全のしおりを握りしめていました。やっぱ飛行機こわい。
夜の空から見下ろした北海道は、きれいに碁盤状に並んだ光がとても美しかったです。
東京上空はさすがに光の海って感じだけど、
北海道のあの静かな光も忘れられないな。

岡野さんと、岡野さんのお父さん(心配でよくメールや電話をくれた)には
ホントにお世話になりました。
おかげさまで『北海道でたらふく食べてあそぶ』夢を叶えられたぜ.....
いつかまた、お金を貯めてもう一度訪れたい。今度はキタキツネとラベンダーも見るぞ。
函館の夜景もな。
そして小樽と青少年科学館は2度目でも3度目でもいいくらいだ。

.....待ってろよ北海道!あいかわらず心のふるさとである事には変わりないぜ!!



---買ったおみやげ一覧---
マルセイバターサンド   父上とおばあさんと大おばさん用
トラピストバター飴    完全なる自分用
黒い白い恋人       母上の予約
いくらキティ       母上への『ヘンなおみやげ』シリーズ
簡単なフォルムのキツネ  おばあさんに差し上げました
ひとめぼれしたキツネ   思い出の品:自分用(キーホルダーです)
金のレジギガス像     ゲームコーナーでガチャポンしたら出た
Secret

TrackBackURL
→http://redfox25.blog51.fc2.com/tb.php/1014-6589b493
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。