上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.10 J・J・J
瀬上サウンド、略して瀬上サン。(挨拶

TRUE BLUEとフェイストゥフェイスが届きましたよ!さっきも書いたけどな!
もうダメだ俺幸せすぎて困る。
リヴァーラーンとうぉううぉうぉーう(※ナイトオブザウィンド)聞いてたら
本気で泣けてきたわ.....
昨日の夜はDo As Infinityの『科学の夜』やら『夜鷹の夢』聞いて泣いてたんだけどさ。

ひみリンは結局やってないんだけど、今日だけでSeven rings in handに
思いっきりハマってしまった。まあ3種類も聞き比べたしな....(原曲とCrush40版とアレンジ版。
これ....ちゃんとちょっとアラビアン入ってるのに、まごうことなきソニックサウンドだぜ!
もうイントロからやられた。泣いた。
まあスマックスでちょっとは聞いてたはずなんだけどね....

そして究極音質のHis worldはもはや別世界。こ...これが芸術か!!
アーティストが変わるたびにこれだけアレンジも(歌詞も)変えちゃうって!
Crush40版はないけど、これは新ソニサントラ買った人の特権だろうなあ。
すいませんようつべで落として聞きまくってます。でもやっぱCDとは全ッ然比べ物にならないだろう。

Open your heartのアレンジ版はまさかのトランスで、
原曲のカッコよさをそのまま保ちながら(っていうか素材はほとんど原曲なんだけど)
もはや別の曲と化してる.... なんかこれだとカオスがもっと強敵(しかもでんきタイプ)に感じるんだけど....
でも....でも俺は原曲よりこっちの方が好きかもしれない....!!

誰もが認める名曲What I'm made of...は新録音&アレンジでさらにレベルアップしてるし
何より、もはや入手困難(収録CDはすべて絶版になった)リヴァーラーンが
最高の状態で聞けるってことが.... もう.... これだけでお腹いっぱいだ。
ちなみにリヴァーラーンがどれだけ最高の曲なのかと言うことは....
......
あーもうダメだ語るのやめよ。俺の言葉じゃどう頑張っても通じねえよ。
この感動はTRUE BLUEを買った人にしか味わえない!
ソニックやってて本当によかった!!

そして、欲しい人はさっさと買った方がいいと思う。
Amazonに残ってたことが奇跡だと思えるくらい、素晴らしすぎる。
岡野さん情報ではフェイストゥフェイスはもう売り切れたらしいぜ
ハッハッハゲーム持ってないのに先に買った俺勝ち組!勝ち組!(やかましい


で、終焉の4コマ描いたのはいいんだけど、
らくがきすぎてスキャナで読めなかった。
さっさとペン入れするからもう少し待っててください....
それよりさっさと番外編書けよ俺。
番外編には、紅狐の趣味でかわいい情報収集用AIとか戦車兵とか出てきます。
でも本編には全く関係ない。
本編の頃にはだれも生き残ってない....(どういう話書いてんだ


追記はあいかわらずソニックサウンド語り。すいません。
フェイストゥフェイスの他の曲(ラスボス戦、エンディング)は
実際にプレイして自分でたどり着くまで聴かないんだ。
これはシャドゲのヴォーカルサントラ『Lost and Found』を買った時も同じポリシーだった。
ネヴァーターンバックはクリアするまで『シャッフル時に非表示』にしてた。
.....はやくバイトさがそ。騎士ソニ買わないといつまでたっても聴けねえよ....
まあ実はエンディングまで岡野さんちで感動を共有してきたんだけどさ.....
あの『It Doesn't Matter』のかかり方は神がかってたなあ。
あーランスロット。あーランスロット。





実はアドベンチャー以降のソニックって、話がやたらヘビーなんだよな。
事件が完全にドクターひとりのせいのときは別ものだけど....(ソニワドとかソニバンスとか)

力を求めた故に滅びた古代文明、
人間に造られつつも人間に裏切られた究極生命体、
そして最強のはずなのに生みの親に認めてもらえない機械。
いや、オメガもそうだけどメタルのことです。
据え置きじゃないけど、ソニックバトルも『戦闘機械の意思の在り方』っていう
どうあがいても結論のでなさそうなテーマ。
そして騎士ソニは、最初から破滅の運命が決まっている世界。
新ソニはシャドウ編がものすごく重そうなんだけど、やってないから語れない.....残念だァ.....

そしてそのヘビーなテーマに沿って生まれたラスボスどもを、
あっさりと片付けてしまう自称「ただのハリネズミ」。
そもそもソニック本人の出生がシリーズ最大の謎(なんだよスーパー化って)なんだけど、
悩みすぎてゲーム2本出来ちゃったシャドウとは違い
彼はなーんにも語らない。ただのハリネズミだから。
悩みや迷いなんてどうでもよくて、ただ自分がやりたいことをやる自由な生き物、
それがソニック・ザ・ヘッジホッグ!

相手の悩み迷いっぷりとソニックの「俺は俺なのさ」っぷりのギャップ。
前者の暗さ・重さと、後者のアホみたいな(※褒め言葉です)明るさと一直線さ。
これを音楽にすると、あの名曲どもがバリバリと生まれる訳だ。
Live and Learnは、さんざん苦しんできたシャドウに「生きるために学ぶんだ」と贖罪を教える歌だし
Open your heart は、抑えきれない怒りに暴走するカオスへ「おい、心を開けよ!」と呼びかける歌、
His worldは何者にも変えることのできない『彼の世界』を見せる歌。
....だよね?
ちなみにI am... all of meは悩まされて悩んで悩み抜いた末「僕は僕自身全てだ!」と逆ギレのごとく目覚める歌だと思う。シャドウが。

正直、そう気づくまでは
めっちゃくちゃ明るいSonic heroesとかEscape from the cityとかは
あんまり好きじゃなかったんだけど、
この明るさはソニック本人の信念そのものなんだなあと思いはじめたら
もうダメだ止まらない。曲もソニックも最高にカッコよく見えてきた。

つまり、このソニック音楽のカッコよさは
ひとえにソニックのカッコよさそのものでもあると思うんだ。
だから、もちろん曲だけでも泣けてくるくらい素晴らしいんだけど
ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズをプレイすると
ゲーム中の全てと音楽が繋がってひとつの作品になってることが理解できて
さらに深く感動できると思う。
そしてそれが瀬上サウンドの神髄なのだ。


まあ何が言いたいかって一言で表すと、
はやくシャドゲ来ないかなあ..... ってことなんです.....
(サントラだけ聴いて歯がゆい思いをした数年間でした)





ちなみにそんだけ大事にしてたシャドゲを何故売ったかって言うと
Wiiを買う資金がなかったから。
アホだ俺。

ところで、そのシャドゲと交換で、
岡野さんに騎士ソニをお貸ししていただけることになったんだ。
....マ、マジかよッ.....!?あああああありがとう!!ありがとう僕らのマリオ!!
さんざんシャドゲを楽しんだ後は騎士ソニも(できるとこまで)やらせていただくぜ....
ああーでも買わなきゃ。買ってセガに貢献しなきゃ....って中古じゃ関係ないのか。
いや、しかしこれだけCrush40出てて持ってるのサントラだけとかコケンにかかわる。
....
.....ランスロット使えるとこまで、ガウェインとかデスカリバァァ!!とか
障害多いんだけど、がんばる。とにかく頑張る。
アクション超うまい岡野さんがシャドゲのラストストーリーにたどり着くまでに
「塵となって消え失せよ」のあの人片付けられるかどうかわからんが
とりあえずがんばる!!
そして買う!!(いいから買えよ
Secret

TrackBackURL
→http://redfox25.blog51.fc2.com/tb.php/1031-41c0a4a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。