上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フシギソウの『フラーグラ』(♀)にはお世話になりました。(挨拶


今日はちょっとターロン4(ホントはローマ数字)とか行ってみちゃったりして。
前にやったのは岡野さんに騎士ソニお借りする前.... すげー久々だな....
かつておっそろしく苦労した『フラーグラ』というボスの手前で
トラウマのために先に進めず、無駄に味噌タンク集めとかしてたんですが。
いやあすごいよフラーグラ。モゲナーの比じゃないよ!
・怖い
・強い
・むずかしい
の三拍子だよ!! 
いやーアレやったのは確か小学六年~中学一年のときだったかなあ。
本気で一ケ月かけるくらい苦戦したんだよなあ。

フラーグラは花からカマキリが生えて毒吐いてる みたいな
今見るとすげーカッコいいデザインなんだけど、
当時はもう振り下ろすカマは怖いわ汚染された水でチョウゾ文明が滅びてて怖いわで
あと倒し方の行程がおっそろしく面倒くさいし
エネタン・味噌は集めてないから足りてないし
スキャニングしようにもそんな暇なく逃げなきゃやられるし、で
散々苦しめられました。苦しめられましたとも。
よく倒せたな小6の俺。

で、今回もどんなに苦労するか!下手したらモゲナー以上じゃねえのか!
と覚悟して、フラーグラ部屋に突入したんですが.....
あっさりワントライKOしちゃった。

.....進化したのは俺なのか、ロックオンフリーエイムな『Wiiであそぶ』プライムなのか。
なんとなく腑に落ちない..... 
とりあえず今は愛しのアイスバレイにて、ブーストボール拾った所です。
ベビーゴース怖うぇー!


と、いうわけで、今日は書く事もないので
初代プライムに対する紅狐のトラウマでも語ります。


※モゲナー ---- プライム3コラプションの中ボス。とても固くて強い。
         大好きなランダスより強かったのでくやしい。
         見た目もダサいし笑い声にいらだたされる。(良い思い出がない

フラーグラはホント強くていっぺん投げ出そうかと思ったポイントなんですが、
このゲームいちいち怖いところが多かったんです。
少なくとも小6と中1の間だった俺には!
そして結局、クリアを断念してF-ZEROGX買う資金にしちゃったんだ....
(ジェームズさんのためだけに、初F-ZEROとして購入いたしました)

物語の舞台は惑星ターロン4。
メトロイドにはよくある事なんですが、緑にあふれていたり
マグマで煮えたぎっていたり、氷に閉ざされていたり、
敵の軍団が基地兼研究所作ってたり、いろいろなエリアで構成された楽しいところです。

最初に降り立つのは緑あふれる区域、その次にチョウゾの遺跡。
奥にはフラーグラが陣取っていて、その先には地下へ続く道があります。
(ホントはフラーグラがバリアスーツ持ってて、それのおかげで熱に強くなって地下へ行けるようになる)

....以前コラプションの時にも言ったけど、わたくしゲーム内の灼熱地帯がすごく苦手なんです。
現実ですら暑さに弱いのに、あの暑苦しさったらもう!ね!
で、ターロン4の地下灼熱地帯『ラヴァケイブス』で、それはもうひどい目に遭わされました。
ジャンプ→着地失敗→溶岩に煮込まれるサムスさん→
あわてふためく俺→あせりすぎて出られない→GAME OVER
なんて何度見た事か。あと敵が固い。音楽も暑苦しい。

そんな場所にウンザリして、2度目のあきらめを感じたとき。
とうとうラヴァケイブスを抜けました。
地上へ続くエレベータ!いや、でもどうせこの先も暑苦しいんだろ.....
と思った紅狐を待っていたのは、氷雪地帯『アイスバレイ』。
灼熱から氷の世界へ!すっげー急激な変化!
すぐに開けた所に出ると、そこは神秘の世界でした。

雪がしんしんと降り積もり、高い雪山の間にはチョウゾのテクノロジーで浮遊する石場。
空には青い光(あとで見たら敵だったんですが....)がゆっくりと飛び交い、
ドラムとベースで暑苦しい音楽だったラヴァケイブスとはうってかわった、
それこそ雪が降る情景をそのまま音にしたような静かな音楽が流れている、
で、そこに孤独なサムスさんがさくさく歩いている、と。
あまりにも好きすぎて何書いてるかよくわかりませんが、とにかく当時めっちゃ感動したんです。
それまで見たゲームの中では、一番きれいな景色だった.....


しかし甘くなかった。
アイスバレイは甘くなかった。

アイスバレイには、ラヴァケイブスほど大量に敵が出てくる所はなかったんですが
代わりにものすごく恐ろしいザコ敵がいたのでした。
その名は『ベビーゴース』。 シーゴースという生物の幼生なんだけど
大人の方も相当怖いし強いです。スマックスに確かフィギュアがあって爆笑した。
何で数ある敵の中でコイツなんだよやっぱトラウマなんだな!という意味で。

雪の中を、きれいだな~もしターロン4行けるならここに住みたいな~ なんて
のんきに歩いていた紅狐は、雪に埋もれていた青い塊に気づきませんでした。
それこそベビーゴースの甲羅だったのですが、狭い通路に転々と置いてあったので
単なる置物だと思ってた..... ら、襲ってきた。

まずあいつら顔がめっっちゃ怖いんです。
リドリー・スコットの『エイリアン』のあいつらを、頭だけにして青く染めてみた的な。
うおっわあああああ!!と奇声を上げてAボタン連打でビーム連射。
しかし奴らには、正面からは武器が効かないのです。
素早いサイドステップで背後に回って、しかも相当撃たないと倒せない。
でも狭い通路に何匹も出てくるから、混雑してサイドステップできない。
間違えて普通にジャンプしちゃって、目の前に顔が来るありさま。
普通にピンチでもあるんですが、このゲーム、サムスさん視点だから
目の前に来るって事はつまり紅狐の目の前にベビーゴースの顔があるも同然なんですね!
ぎゃあああああああ!!
結局パニック起こしすぎていっぺんやられました。
ラヴァケイブスで体力消耗してたし.....

....こいつら、倒す時もひとクセあるんです。
背中のまだ未発達な甲羅を攻撃すると倒せるんですが
やられる前にボキャッ!って甲羅が崩れて、中の肉っぽい組織が見えうわあああこれ以上は言えねえ(自主規制
あと何とも言えない断末魔と、地味に痛い氷のブレスを吐きます。
もはやトラウマ。


こんな所に生身で住んだら死にます。サムスさんだって何度か死んでます。(俺のせいで
結局アイスバレイでその美しさを楽しめるのは、最初の広間だけだったのです。
ただ、高台に登ったときに起こるイベントで
氷原にメタリドリー閣下の翼を広げた影が駆け抜ける光景はとても美しかった。
とても美しかった。
やっぱり好きですアイスバレイ。


だがしかしその後中ボスとして出てきたシーゴースをめっちゃ苦しみながら倒した後には、
何故かその広間にまでベビーゴースが進出してきていて
『やったあここ抜ければ安全地帯....ミギャアアアアア!!』という思いをさせられることを
当時の紅狐は知らなかったのだった。
あの時は初めて、ゲームで『怖くて』泣いた。
うん。
レトロスタジオのスタッフはプロです。


これが第3のあきらめようかと思ったポイント。
そしてこの後必死こいてスペースパイレーツの基地まで乗り込みましたが、
フライングパイレーツの特攻+嫌な悲鳴 とか
基地内で停電+突然敵が超パワーアップ とか
水中の敵沈没船にパイレーツの死体がいっぱい とか
いろいろ苦難を乗り越えつつ
とうとう『水中での活動に激しく酔う』というしょーもない理由であきらめたのでした。


....今度は負けない。たぶん。
Secret

TrackBackURL
→http://redfox25.blog51.fc2.com/tb.php/1098-02a68735
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。