上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにかやろうとするときまって入れない!それがFC2クオリティ!(挨拶

一日お待たせいたしました、RC8合同絵日記です。
昨日一晩入室チャレンジしまくったけど結局夜中までダメだったので
延期になりました。失礼しました。
場所変えるつもりはないけど、こう不安定だとちょっとヒヤヒヤするわ。
だが慣れてはいる!!FC2ちゃんはツンデレ!!(やかましい


今回のテーマは『ニセ・映画の半券』。早いものでもう一周しました。
肝心の内容は追記。

*映画?
夏休みと言えば映画だろ!ディケイドもシンケンジャーも見たいし
実はGIジョーだってちょっと気になる!
トランスフォーマー見逃した!
アルセウスはみんなにまかせた!

こうして見てみると、夏に見たい映画といえば大スペクタクルですね。
無駄に規模の大きい劇場版アニメ・特撮。
と、いうわけでこちら。

*絵
ジャスジャス

ジャスティジャスティス、略してジャスジャス。
なんだよそれ。

絵はモノクロでテキトーですが、設定は無駄に凝ったよ!!
最近の流行と言えば『漫画原作』だよな。
と、いうわけで架空の漫画雑誌に掲載されている架空の少年漫画を考えました。


*ジャスティ・ジャスティス(月刊少年ジョーカー掲載)
大企業の御曹司なのにバイク旅が趣味の高校生・駆動ケンイチ。
無茶な事ばかりするので、親バカな父親があるロボット制作会社に造らせたのは
ジャスティジャスティス(通称ジャスティ)。超クソマジメな騎士型周辺警護ロボットだ!
しかも息子の趣味に合わせるため、バイクに変形できる!!

一方その頃、そのジャスティを造ったロボット会社の製品が
世界中いたるところでこっそり暴走をはじめ、徒党を成していた。
ある日、街で出会ってしまった暴走ロボットを
「ケンイチ様を守るのが私の正義だ」がモットーのジャスティは武装で叩き潰すが、
そこを偶然、暴走ロボット破壊屋・再起マサキと
そのパートナーであるジェイルリームストーム(通称ジェレミー)に目撃されてしまう。
勘違いによる死闘の後、いろいろいざこざがあって、話を聞く事に。

マサキが言うには、ロボットの暴走は
ロボット会社(財閥)が同時に進めている『宇宙ステーションへの軌道エレベータ』開発と関係があるらしい。
その会社はある組織が掌握しており、造ってるのは軌道エレベータなんかじゃなくて
世界をまるごと滅ぼすある手段なのだと!
偶然それを知ったマサキは、『身近にできることから』とロボットを壊してまわっているらしい。
興味を持ったケンイチは協力しようとするが、
「そんなのかかわったら危険です」とひたすら止めるジャスティ。
だが、世界が滅びたらもちろんケンイチは無事じゃいられないし
それにその敵の会社製のジャスティだっていつ暴走するかわからないから
その前に計画を止めなきゃオマエがいる限り危険なんだよ、と言いくるめる。
(ぶっちゃけケンイチは面白そうだからかかわりたいだけ)

結局、「世界を救って、あなたを守る!それが私の正義だ!」ということで
ようやく本編が始まるのだった。




----の、映画化。(長いわ

入場者全員サービスで、ジャスティのバイクチョ目Qか
ジェレミー(こっちはヒコーキ型)のチョ目Qがもらえます。
もらえたらいい。
誰かまず漫画化してください。自分でやれ。

絵はジャスティと軌道エレベータ乱立の図.....です。たぶん。
次回の合同絵日記は『終焉よりの箱船』がテーマになりました。そちらをご期待くださいませ。今度はスムーズに更新できるといいなあ.....


--------合同絵日記に関係ないどうでもいい追記--------
おもなメカ登場人物
ジャスティジャスティス*ジャスティ
「~が私の正義だ!」が口癖。アツい。融通が利かない。主人のケンイチを守るのにすべてをカケている。騎士道精神。
人型の武装(警棒、タイヤ盾、水蒸気噴射)よりもバイク形態で突っ込んだ方が強い。
人型時の身長2m。メカの略称を使わないためジェレミーを呼ぶといちいちフルネーム。やかましい。
いつ自分が暴走するかと思うと気が気でないが、それよりケンイチ様の身の回りの世話をするのが私の正義。朝食昼食夜食づくりから、洗濯掃除までなんでもこなす。
デネブ並におせっかいやき。

ジェイルリームストーム*ジェレミー
『忠実についてくるパワードスーツ』をコンセプトに造られた飛行型歩行鎧。主人のマサキとゼロノスベガフォームばりに合体すると、すごく強くなる。モチーフは戦闘機。
鎧形態時はあくまでも鎧なのでロボット三原則(あるんだ....)を無視して行動できる。
が、普段はすごくフレンドリーなおともだちロボットでしかない。性格はお子様そのもの、身長1,2m。
鎧形態時の武装はブレード、ガトリング、ハンドキャノン、ブースター。
マサキをマスターと呼んで慕っている。「マスター!マスター遊びにいこうぜマスター!ねえマスター!」

ジョーク800/ダガー950*ジョーク
軌道エレベータのむこうのステーションにこっそり配置された、『嘘さえつける』ほど高性能な人工知能。
超遠距離からあらゆる同製品(会社のロボット)の知能に介入できる。暴走を起こしていたのはコイツ。
しかし高性能すぎて自我がふたつできてしまった。
ジョークはケンイチやマサキに好意的で、ものすごく性格が悪いが
周囲のロボットを操って戦いのサポートなどをしてくれる。
ダガーはもともとの敵性人工知能で、とくにしゃべったりはしないが
世界中のロボットを世界滅亡のために動かし続けている。
本来の存在はダガーだけだが、「自分にウソをつく」ことでジョークが生まれた。名前の由来はウソはっぴゃく、と自称。
味方ではあるが、いつかはエレベータを登ってやってくるジャスティ、ジェレミーたちに破壊されなければならない。

ジュラルデュラルデュラン*ジュン
ジャスティの上位機種である身辺警護用ロボット。バイク変形機能はない。
警護していた女の子が事故で入院してしまい、守れなかったと言う事で廃棄されたが
それを理解できずに彼女を探して放浪する野良ロボットとなっていた。
ケンイチのガールフレンドがその女の子と(髪型だけ)そっくりだったため
勘違いして、主人と思い込んで付き従っている。
結果、周囲にいいくるめられて戦いに力を貸す。前の主人がおしとやかな子だったためか、めったにしゃべらない。

J・J
ジェイ・ジェイ、というコードネームしかわかっていないが、
敵組織の最終兵器とされている。
その正体は軌道エレベータそのもの。
地球上に建設された7本の軌道エレベータの姿をしているが、実は超でかいレーザービーム砲。
ジョーク・ダガーよりもさらに高性能な人工知能が搭載されている。


ここまで考えるの楽しかったけど
お披露目の場所は多分ないのであとにもさきにも一度きりだぜ!
もったいない!
ちなみに紅狐のお気に入りはジョークとジェレミーです。
Secret

TrackBackURL
→http://redfox25.blog51.fc2.com/tb.php/1238-8fd86d70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。