上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せすぎて胸が張り裂けそう(挨拶


何があったか。
大変なんだ。
Valve、SteamのMac対応を正式に発表!クロスプラットフォームプレイも可能に(G*S)


少し前からウワサされてたんだけど、とうとう正式に発表されました。
以前から言っている通り俺はMacユーザーで、ずっとSteamにあこがれてたんだけど
願いすぎてとうとう夢が叶ってしまいました。
今回これのおかげで、PORTALとTF2ができる。
もう知ったかぶりファンやめられる!
そして秋には多分PORTAL2も出る!!
ヒャッハーーーー!!!

記事によると、Winで購入したゲームはMacでデータそのままにプレイできるらしいんだ。
つまり、去年勢いで購入したパッケージ版PORTALが!
無駄にならずに!そのまま遊べる!!イェーイ旭ちゃん見てるーーー!?(やかましい
そしてもうひとつ、Steamで買えるゲームには協力プレイ(Co-op)や対戦プレイをするものも多くあるんだけど、
Win版のプレイヤーと、Mac版のプレイヤー同士でそういったプレイをすることができるようになるらしいんだ!!
これがどのくらいすごいかというと、『DSとPSPどっちに差しても遊べるし、どっちの機種とも通信できるゲーム』と同等の意味合いを持つ。
だって機種全然違うんだぜ。会社すら違うんだぜ。
GBAとDSさえ通信できないのに、WinとMacは一緒にチームフォートレス2を遊ぶ事ができる!ホットドーーーッグ!!
基本的な普及率を考えると、どうあがいてもMacユーザーだけではプレイヤー数が足りなくて過疎りまくり必至となりそうなのですが
Winでのプレイヤーと一緒にできるってことは過疎のことまったく考えなくていい。
いつだって対戦相手が、仲間がうじゃうじゃいるってことだ。オクトーバーフェーーーースト!!

Macに対応するのは4月を予定しているそうですが、このValve社はわりと時間にゆるい会社なので
気長に待つ事にします。 来るのが決まっているのなら待てる、いつまでも待てる。

*ところで*
以前も少し話題に出しましたが、『Steam』はValve社のオンライン・ゲーム販売システムです。
バルブのスチーム。いやあネーミングセンスいいよね。
ネット上からデータでゲームを買うというシステムにより、さまざまな良い点をもたらしています。

・アップデート
俺たちに普段なじみのあるゲームといえばディスクだったりカートリッジ・またはカードだったりするけど、
そういった形式で販売されているゲームは『完成品』であり、もう書き換える事はできない。
ところが常にオンラインと繋がっているパソコン用ゲームは、例えば字幕の字が間違っていたり
何かバグがあったり、
ゲームバランスでいえば対戦メインのゲームなのに一部のキャラに性能が偏っちゃったり、
発売後に何か不具合が見つかると『アップデート』という形で修正できるんだ。
修正だけでなく追加要素も増やせる。
例えば前からやたら話題に出す『Team Fortres2』は、発売後に特別な武器や新しいマップなど
無料でさまざまな追加要素を増やしてきて、今では最初の頃とは全然変わったゲームバランスになってるんだ。
ちなみに最近ではXbox360、PS3でも『ダウンロードコンテンツ』として
一度クリアしたゲームでも新しいストーリーの短編が遊べたりする。
まあアレだ、分かりやすく言うならミュウとかセレビィみたいな感じでいくらでも新要素を増やしていけるわけだ。

・いつもオンライン
Steamでは常にネットに繋がったままゲームを遊ぶ。一人用ゲームでもオンラインのまま遊ぶ。
そうするとSteam上の友達(steamフレンド)がいると、その人に「今こいつ○○やってるよ」と分かる。
その情報をどう活用するかはフレンドしだい。
「おい○○なんかやってないで対戦しようぜw」とメッセージを送ることも、
「あ、あいつ○○ってゲームやってんだ.... 気になるから買ってみよ」と便乗することもできる。
(同じ機能はXbox360にもあります)
もちろん知らせたくないときは知らせない事も.....え?できるよね?

・不正の取り締まり
オンラインで認証が必要なので、不正にゲームを購入したり、不正行為を働くプレイヤーが減る。
Steamにつないで正式な方法でお金を払わないと遊べないし、
もし対戦ゲーで不正行為を働けば、Steamの管理者のほうから「お前プレイ禁止ね」とはじきだされることもある。

・安く買える、いつでも買える
箱も取説もデータだから、値段に紙代や箱代が含まれない。そのためパッケージ版より安くゲームを買う事ができる。
あと、データなので「ゲーム屋にわくわくして買いに行ったけど売り切れだったよヌーン」ということもない。
定期的に過去のゲームのセールも行われ、価格の下げ幅がものすごい過激だったりもする。
たとえば『ハロウィンでみんな盛り上がってるから、今日の2時から3時までのあいだだけこのゲーム300円で売るわw』とか。


こういったメリットがある。
まあいいところがあれば残念な部分も必ずあるわけで、
・ネットに繋げられないパソコンでは、ゲームを買う事すらできない
・回線が混み合ってるとダウンロードに時間がかかる
・クレジットカードでしか購入できない
・Macに対応してない ←今回解決された
など、他にもいろいろあると思います。
しかし正直俺はそんなことどうでもいい。メリットもデメリットも関係なく
追加設備なんにもなしでPORTALやTF2などあこがれのゲームができてただただ幸せである。(何のためのsteam解説だ
ちなみに、この解説はよくわかってない非steam環境の俺が書いたからには
「たぶんそう」という知ったかぶりの域をでないので、より詳しく知りたい方は公式サイトかwikiをどうぞ!
ご利用どうも!
Secret

TrackBackURL
→http://redfox25.blog51.fc2.com/tb.php/1523-e9f3b230
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。