上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怒濤の一週間であった!(挨拶


いやー土曜日は履修してる授業ないからお休みよー。
ひっさびさのお休みよー。
....すでに浪人時の生活を忘れてしまいそうなほどの勢いであった!

美術系造形学科ってことでもちろん実習もあるんですが、4つ選べるうち
映像とかコンピュータとか、あとあえてのビジュアルコミュニケーション(まさかの平面構成を磨く授業)
そしてどういうわけか『染』を取ってしまった。
Tシャツにシルクスクリーンで刷ったり、ストール染めたりするよ!
ストールっていうのは女の子が主に春肩に巻いているでかいマフラー的なものだけど、
年中アメリカ人みたいなカジュアルック(つまりシャツとジーパン)しか身につけてない
およそ女の子の服からほど遠いファッションな俺に、ストールが使いこなせるのだろうか。
いや、でも『染』楽しそうだからいいんだ!さっそく来週から実習が始まるよ!
平面構成を取ったのは、3月に卒展でみんなに会ったとき
『高校一年のときやった実習もう一回真面目にやりたいよねー』
『わかるー気合い入れなおしたいねー』
『俺は特に平面構成の基礎やりなおしたいな- まるさんかくしかく』
『えーめんどくさくねー?』
『めんどくさいけどねー』
という会話をしたせいです。初代ポケダンのコイル同様、なんか日が経ったらだんだんやる気出てきちゃった。
なんか非常にめんどくさい課題をやりたくてたまらなかったんだ。理由は特にない....けど
まあここらでそろそろ「仕事は速いが雑である」という微妙な性質をなんとかしたいっすね。
っすねー。

コツコツ練習してるポップンも、先輩とも呼べる方々(Twitter上)にアドバイスをいただいて
なんとなく9個のボタン配置を覚えてきた所でございます。
あと、隣で北斗真拳みたいな勢いでビーマニやってる人がいても
おじけづかずに筐体に近づくことができるようになりました。つまりゲーセン恐怖症もだんだん克服してきたってこった!
まあ腕前はあいかわらず「6」とか「9」とかいうレベルがクリアできない程度でありますけども
(※5ボタンは「12」とか「14」とかそのへん---スマブラのCPUレベルでいうと4くらい?の強さ)
そのうち『ねっとたいせん』というもんにもチャレンジしたく意気揚々とゲーセン通い中です。
こうして着々と百円玉を消費してるのである。

....バイトもちゃんと探してる最中なのである。


*ところで*
『赤魔導師の憂鬱』の記事ほか、たくさんのブログ/web拍手をいただきありがとうございます!
というわけで最近クリエイティブな精神がなんか知らないけど燃えに燃え上がってる所なんだ。
春だからか。
いろいろ興味はありますが、二次創作の方面においては、今がんばって構想中なのが
『伺か』っていうコンテンツ。
二人組のデスクトップマスコットで、ほっとくと勝手にしゃべりあったり漫才をしたりします。
(『ヘタリア』公式サイトの『シーランドくんとラトビアちゃん』の仲間、といえばある方面には分かりやすいかもしれん)
漫才のネタ(文章)と見た目(絵)両方自分でやるなら、まさに赤魔導師に向いてるんじゃないかなーっと
ちょっと調子乗ってる。
しいては、そのうち突然公開したりしなかったりするのでよろしくおねがいいたします。
とはいえ版権でいくのかオリキャラでいくのかは未だ未定である。

.....閣下とマザーとかどうだろう。
需要ねえな。



追記はコメント返信です!

*コメント返信(遅くなりがちですみません

洋芥子ぷりんさん>
 あ.....あ....ありがとうございます!!
 ほほほ本当にいただいてもいいんでしょうか
 まず弟さんもメトロイダーと言うことでうらやましいかぎりなのですが、
 よろしければぜひよろしくおねがいいたします....!こちらこそありがたすぎてもう頭が上げられません....!

 1、2をハード100%だなんて、何という崇高な目標....!
 番号順にやりこんでいくと、プライムシリーズの進化の軌跡をダイレクトに感じられそうですね。
 コラプションには微妙な前作の小ネタも盛り込まれているので、楽しみも倍々だ!
 もし目標をクリアして、コラプションを始められる時はぜひおっしゃってくださいね。
 画面撮影ツールは間違いなく最初から持ってた方が楽しいものですから!(ほかにもいろいろあります!)

 弟さんのご了解をいただけましたらフレンドコードを教えてくださいませ!
 こちらが先に送りますので、そのぶん送り返していただければうれしいです。
 数度目になりますが本当にありがとうございます....!



くりなにさん>
 長々とややこしい文でしたが、お読みいただきありがとうございます!
 赤魔導師は専門職に、専門職は赤魔導師に、お互いあこがれを持つもの(なんじゃないかなあ)と思いますが
 それぞれのジョブでできることを最大限に活かして生きていければいいですね。
 組み合わせて作った新しいもの、積み重ねで鍛えられた強いもの、どちらも頑張れば
 上がる価値に天井がないという点では同じだと思います。
 まあ、いちばんの問題はおっしゃる通り、この思いつき(?)をホントに実現できるかどうか.... ですが!
 

Secret

TrackBackURL
→http://redfox25.blog51.fc2.com/tb.php/1540-cd6e3a8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。