上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ながいたびが はじまる… (挨拶

放置プレイ状態の奴らを一つ一つ片づけていかなきゃな!と思って、
今度はアレックス・ザ・アンデッドの更新に手をつけようとここのところ水面下に潜ってたんだけど
あまりにも久々すぎてトークの書き方とゴーストの更新の仕方を忘れるというアホっぷり。
伺かWikiとにらめっこしつつ、過去の自分の情熱をかみしめているところでございます。
でも近々必ず更新するから待ってろよアンドルフ。

それにしても、趣味全開で作り上げた世界観とはいえ
なんか現実問題デリケート?な話に触れてしまいそうだし、
トークを書いててちょっと複雑な思いもよぎったりよぎらなかったりでございます。
いや、ポストアポカリプスは大好きよ。
メタルマックス2のリメイクも発売日決まったことだしテンションはマックスハートよ!!
噂によると、今回はCユニット(戦車に積むパーツ 敵と戦ってる間忙しいハンターの代わりにクルマの制御をサポートしてくれるAI的なもの)が、
なんと一台のクルマに2つ積める『ダブルCユニット』機構が存在するらしい。
MM3の時は、同じノリでエンジンが一台に二つ積める『ダブルエンジン』があったけど、いやこれはちょっとダブルエンジンとは話が違ってきますよ奥さん。だってCユニットよCユニット。
ナイトライダーで言えば一台のナイト2000にキットともうひとり人工知性を積めてしまうということよ。
人間で言えば脳ミソが二つ、身体がひとつということになって
仮面ライダーWとかヴァルキリープロファイルシルメリアとかそういうことよ。
もし二つのCユニットの指向性(性格)が真逆だったら、同じ身体を正反対の性格の二人が共有しつつ主人(クルマの持ち主)を守るため協力しあわなきゃいけなくて、
そこで渋々頑張るうちに本来戦車のいちパーツにはありえないはずの心、さらには友情とか芽生えちゃうんじゃないかなあとか
適当に妄想してるだけでご飯3食におかわりくらいまではいける。
人工知性にときめく身としてはちょっと黙ってられないわよ。


それはともかく、作業が遅いのは何もゾンビ野郎のせいばかりではない。
それもこれも全部だいたい暇を見つけてはルミネスばっかりやってて他のこと何もしてないからでございます、全く…

先日PSPを購入したわけですが、その本体と一緒に買ったのが、音と光の電飾パズル『ルミネス』。
かの名作『メテオス』と同じ開発元が作った、いわゆる落ちモノパズルの一種です。
PSP1000が発売されたときローンチタイトルとして出たから、もう初登場から7年も経ってる訳だけど
何でそんな古いゲームわざわざ取り寄せて買ったのか。
実は以前からずっと恋い焦がれてたソフトだったんだ。
もともと最初の出会いは、母上がPSP1000を持っていた頃このソフトも一緒に買っていて、
それを何かの拍子で借りたらもんのすごくハマってしまって、いつか自分のPSP買うならきっとこのゲームをやるためだろう…と思うくらいだったんだけど
去年あたり、iPodTouchを譲ってもらった時に
AppStoreに無料版があるのを発見してしまい「これはあの時のーーーー!!」と思って音速でダウンロードしたんだ。
しばらくはそれで満足してた。わーいルミネスだー。
でも、所詮は無料体験版だから本来の魅力は全然味わえないし、有料版ですらなぜか配信されるはずの追加コンテンツが全く出ないまま放置されてるし、
少しかじるとやっぱりPSPでの製品版の思い出がよぎってしまって、結局勢いで本体ごと購入してしまったのであった。
PSP買ったのはこのゲーム(と、ショルキーが登場して台詞もしゃべるポップンポータブル)をやるためだけと言っても過言ではない。

ルールは簡単。4×4の、二色に分かれた四角いブロックが降ってくるので
それを同じ色ごとに正方形に並べると消える、というシンプルなゲームです。
しかし『音と光の電飾パズル』というくらいなので、単なる落ちモノではない。ブロックが消えるタイミングは、各ステージで流れるBGMに合わせて、フィールド上を4拍子で流れるラインが通りすぎた時。つまり必ず音楽に合わせて消えるわけだ。ブロックが消える時には各ステージごとに違う効果音とエフェクトが発生する。
そして効果音は消える時だけでなく、ブロックを回転させた時、着地させた時、勢いよく左右に移動した時、その他もろもろあらゆる状況で違う種類が鳴る。
『メテオス』をご存じの方には分かりやすいかもしれませんが、プレイすることで勝手にBGMに合わせて音楽を演奏できる感じです。
まあ百聞は一見にしかず。




このBGMとバックグラウンドのセットを『スキン』って呼ぶんだけど、メインのゲームモードではゲームをプレイしていくうちに
どんどんスキンが切り替わっていって、それと一緒にラインが流れる早さもブロックの落下速度も変化する。
テトリスはプレイを続けると落下速度が速くなり、ぷよぷよではさらに色が増えたりするけど、
このルミネスは必ずしも『ステージが進む=難しくなる』とは限らないんだ。長い間やっててもメリハリがあるというかなんというか、ブロックの色は二色しかないけど、スキンのバリエーションで得意不得意が大きく分かれるからいつまでやってても飽きない。
そんで(これは好みにもよるけど)そのスキンがどれもこれも本当にきれいで楽しい。BGMは歌モノからサイケ系・ロックとかテクノとかいろいろあって、そこに背景やブロックの柄が組み合わさるとまさに『電飾』。単純なゲームシステムだからこそ絵と音と光が映える。
いや40種類近くもあるから当然苦手なスキンもあるけど、そこから好きなスキンに回ってきた時のテンションの上がりようといったら!
ちなみに、一度でもプレイしたものは、同じスキンで延々プレイできる『シングルスキンモード』があるので、お気に入りができても安心です。


かくいう私は最初のスキンから3番目くらいまでの流れがもんのすごい好きだったので、久々のプレイで「これだよーーーーー!!!」と当時の感動を思い出して手が震えた。今でもはっきり覚えてたよ最初の歌!Shinin'!
でも昔やった時は、ごく序盤の方にあるシェーキャッバーディシェーキャッバーディ…を繰り返す歌モノスキンの背景がむちゃくちゃ苦手で、せいぜいそこまでしか行けなかったんだ。
そこまでのスキンは比較的グラフィックが落ち着いてて、音と光を心静かに楽しめる感じなんだけど
そのシェーキャッバーディは突然雰囲気が変わって、背景がバァアーンと激しく変化する。すっごい光るし『Shake ya body』って字がでかでかと出たり消えたりしてうっとうしいことこの上ない。
そしてついそっちに気が移ってしまうと、あれよあれよと言う間にブロックの詰み方を間違えてゲームオーバーまっしぐら。もーやめて。
あまりにその先のスキンに行けないので、「なんだよこれゲームさせる気全然ねえだろ!」と怒ってあきらめて母上に返したような気がする。 いやそれでも克服しようと思ってシングルスキンモードで散々やりこんだんだけども。

あれだけ苦労したShake ya bodyだけど、今やってみると(まだかなり苦手なんだけど)わりとあっさり越えられてしまった。お…オトナになると多少のことでは心が揺らがなくなるのかしらね…
それはともかく、苦手スキンを克服してしまうとあとはもう突き進むしかない。毎日毎日延々やってたおかげで、とうとう最後のスキンから最初の『Shinin'』まで一周できるようになってしまいました。これで立派なルミネスプレイヤーを自称できるよやったね。
そしてその最後のスキン『Lights』に、すっかり胸を奪われてしまった。時を越えて自分の手でたどり着けてよかった。本当によかった…

最初のスキンShinin'は、パッケージにも大きく載っている巨大望遠鏡(シルエット)が、夜空を背景に光を放ちまくるというもの。始める時は必ずここからだけど、それにふさわしく何度見ても心が躍る輝くスキン。シャーイニンシャーイニン。
ブロックを消すごとに上がるレベルと共に、Lv1から、最後のスキンが始まるLv100までの遠い道のりが始まる訳だ。
いや、さっき「一周できるようになりました」とか軽く書いたけど、本当に道のりは遠い。すんごい頑張っても最低一時間はかかるし、間には好きな奴から苦手な奴まで数多くのジャンルのスキンが待っている。
スキンが切り替わるごとに頭の中のあらゆるものも一緒にリセットしなきゃならないから、適応するまでにしばらく時間がかかる。Shake ya bodyみたいに激しいスキンだと、さっさと気分を切り替えないとそれこそ全然ついていけない。ゲームオーバーになったら当然イチからやり直し。
同じパズルゲームを引き続きやってるはずなのに、気分的には無数の平行世界を旅してるような感じ。

旅といえば、『テトリスは兵士の感情を無くして無意識に命令を聞くよう調教するための軍事カリキュラム』(うろ覚え)みたいな都市伝説を聞いたことあるけど、
テトリスは一瞬信じちゃいそうなくらい本当に「トリップ」させられる。テトリスに限らず落ちモノパズルを誰かが真剣にプレイしてる様子を横からのぞきこむと、だいたいすんごい据わった目をしているか、あるいは虚ろに画面の向こうのどこか遠くを見ている。
多分俺は虚ろなタイプの人だ。
なんかもうずっとやってると無意識というかなんというか、どこにどのブロックを置くかとか勝手に脳ミソがやってくれちゃってるんだよな。気がつくとラインが消えている、むしろ気がついたら終わりみたいな節もある。
「ハッ… あれっ今までどうやってプレイしてたんだっけこれ!?落下速度早ッ!!あッゲームオーバー!!」みたいな。
で、ルミネスは前述の通り定期的に頭をからっぽにしないと続けられないゲームなので、そのトリップ感がよけいにひどい。
もともとこういう状態をトリップ(旅)と呼ぶのは、サイケデリック系のドラッグ(LSDとかの幻覚見るやつ)キメた人が幻覚で幻想の世界へ旅立っちゃう様子から来てるそうだけど、まあこの落ちモノパズルの延々といつまでもプレイできてしまう感覚は電子ドラッグと呼んでもさしつかえないレベルなので、だいたいあってるかもしれない。
後半めっちゃサイケ系続いて頭おかしくなりそうな地帯あるし。そこがまた好きなんだけど。


で、その長い長いトリップを終えて、ようやくたどり着く『Lights』。
最後にして唯一の、日本語の歌をBGMにしたスキン。
実プレイは1時間半ちょいだったけど、実際にここまでたどりつくのに実は間を空けて7年近くかかってる訳で…
本当に、本当に長い旅路だった。
音と光を求めるべく電源を入れて、何百回とも知れない手数をこなして、きれいなものや訳の分からないものやきれいだけど訳の分からないものを見届けて、ようやく『光』と名前のつく所までやってきたわけだ。ゲームの中だけでなく間に挟んだ7年間にも。
「一度だけ 一つだけでいい 美しい光を見たい
 どれだけの夜が訪れて 暗闇が降りてきても
 いつかすべて照らされるなら 何もいらない」
そんな感じの歌詞で始まるんだけど、もうなんか聞いてるとここまでやってきた心情そのまんま歌われてるような気がしてきちゃって
(プレイしてたのが明け方近い深夜で、なんかすごい感傷的になってたのもあるけど)よくわかんないけどすんごい胸にいろいろ刺さってきちゃって、久々にゲームやりながら泣いた。
泣いたどころでなくだいぶ号泣した。RPGとかならともかく落ちモノパズルで感動して泣いた奴って他に聞いたことねーぞ。オトナになっても心揺らぎまくりじゃねーか。
ていうか朝の4時半まで何やってんだよ寝ろよ。

青い空に白い雲、遠くで鳴く鳥の声、そして画面には映ってないけど、世界にまんべんなく広がってる太陽の光。
長い旅路の果てに突然訳の分かるきれいなものの元に放り出されて、
心は号泣しつつ頭は妙に覚めているというトリップの結果のよくわからない状態が新鮮でものすごくおもしろかった。こんな体験できるのもルミネスがルミネスだからだよ!

そしてLightsを越えるとまたShinin'に戻ってくるわけだけども。
そうなんだよなあ。光を探しに長い旅路に出た訳だけど、実は『光』っていうか、『輝き』ってスタート地点で既に思いっきり目の前にあったんだよなあ。
望遠鏡はすごい勢いで光を放ってきれいに輝いてるし、歌は「Shinin' Shinin' Shinin' Shinin'」と高らかに歌いあげちゃってるし、
最初から最後までやって初めてわかるけど、一番「音と光」を活かしてるというか、他の追随を許さないくらいに明るく輝いてるのは最初のスキンだった。
(間の他のスキンがよくない、という訳じゃなくて、一番「純粋に光り輝いてるっぽい」と感じたのがShinin'だった)
チルチルミチルの青い鳥じゃないけど、求めてるもんってわりと身近にあって、でもわかんなくて探しに行っちゃうのがにんげんのサガなんだなあ。うん。
とかなんとか、様々な世界を見てきた果てに覚めかけた頭でいろいろ考え始めてしまってますます泣く。
もう何考えてんだか、何で泣いてるんだかもよくわかんない。
夜中テンションこわい。

結局「覚めて」しまったのと、いろいろな理由で目がかすんだおかげで
一周してから二つ目のスキンでゲームオーバーとなりましたが、
たかが落ちモノパズルをやっていただけなのに色々と考えてしまう事柄が大きすぎて、ますますルミネスが好きになりました。
「恋い焦がれていたなつかしの思い出ゲーム」が、昇格して「言葉にできないくらいの思い出に残るゲーム」になってしまった。
そんなこんなであの感覚が忘れられず、今度は二周目のLightsを目指すべくいつまでもいつまでもルミネスばっかりやってる訳ですが、
最初の快楽を求めて繰り返してしまうってあたりがまたドラッグっぽいのかもしれない。
結論:ルミネスは電子ドラッグ。
サントラも買ったよ。

…そんなこんなでルミネス三昧の日々を送りながら
ゾンビ野郎と荒れ地と樽に想いを寄せたり
ご飯食べたりバイトしたり寝たりツイッター見たりしてたんだけど、
先日バイトに行くと、社員のりょーちんさんがニヤニヤしながら何かを後ろ手に持っていた。
「ギツネさんいいもん見せてあげよっか。喜んでね」
見せてもらった。
それはルミネス2だった。
………2!?

※その日たまたま中古で入ってきたのを取り置きしてくだすった



ちなみに一番好きな曲は今も昔も「Urbanization」。
7年経っても愛は変わらなかった。
あと噂のShinin'にはなんとPVがあったのでせっかくだから貼っとこう。
もともと存在した曲を起用してたって訳ね…



P,S もちろんShinin'(シングル)も買ったよ。





*WEB拍手返信
本当にありがとうございます!
長い間お待ちいただけたというだけでも、嬉しさ(と、申し訳なさ)でいっぱいです!今まで続けていた甲斐がありました…!
お言葉に甘えての不定期更新とはなりますが、以前のように少しずつ作った物を載せていけるよう
自分でも楽しみながらやっていきたいと思っております。
最近は手芸でもフェルト以外の物に手を出したりしつつありますので、よろしければどうぞ次回の更新もご覧くださいませ!
White Day Dream 訳して白昼夢!(挨拶

いやーサイトの更新の仕方とかうっかり忘れてて危ないところだった。OSをスノーレパードに変えてから全然ドリームウィーバー触ってなかった気がする。
というわけで、半年プラス二ヶ月ちょいぶりにR-Fを更新いたしました。
格納庫の『Others』に『ショルキーつめあわせ』、
『趣味の産物』に『ラディアぬいぐるみ』『ゲトワ組ぬいぐるみ』を追加。
ページは少ないですがモノは結構多いです。8割ショルキーだけど…
描いたりぬいぐるまったりした時期自体はだいぶ前なので、ページごとにごっそりまとめてしまいました。
箱買った時の写真にショルキーぬいぐるみ写ってるもんなあ。
好きんなっちゃった直後に勢いで作ったんだけど、今見ると無駄に再現度高くて自分で吹く。
今作ったらたぶん大好きフィルターがかかってもっと微妙にイケメン化してしまう気がする、特に顔。


*ところでショルキーって誰だよ*
ポップンの、初代からいる古参のキャラクターです。
見てくれから計れる通り、某T・Kがモデルのショルダーエレキピアニカ持ったカリスマ作曲家(日本人)。
なぜか髪の毛を襟足部分で二色に分けて染めている、常時グラサン・ヘッドホン装備のダバダバした人。
担当曲もそれっぽいテクノ系が多数。
靴が変な風にとんがっている。

…場所によってはポップンのゲーム機本体にドーンと描いてあったりするし、昔からいるキャラなので
人によってはポップンをご存じなくとも顔だけ見たことがあるかもしれません。
でも最近のには出番あんまりなかったのよね。
それがどういう訳か一年そこらしかやってないはずのわたくしめがゾッコン惚れてしまって
すごい勢いでこいつしか描いてないレベルのハマりよう。
どうしてくれよう。
そもそも今まで好きになったキャラって機械でなければサムスさんとかシャドウとかドラムカンとか、
まずは武器あるいはミスティックパワー持ってて戦う人ってのが前提だったけど
この男ただの人間である。売れっ子カリスマ作曲家ってだけで特に戦闘力とかはない。キーボード振り回したりはしてたけど。

ポップンで最初に好きになったキャラはスミレさん(部下を引き連れ世界征服を企む悪の女の子)だし、
その次はテリー66(レトロな見た目の手足が生えた電話)だったし、
その後長い間マイキャラとして使ってたのはナイトさん(青いマントに白い鎧の細い騎士、中身は老人)だった。
人工知性萌え的にはALTちゃん(コンピュータの顔をした歌って踊れるAIアイドル)にハマるべきなんだろうけど
なんかまかりまちがって気がついたらマイキャラはいろはカラーのKOUYOUショルキーにすっかり固定されてしまっていたのであった。

そもそもテリー66の担当曲を聞いて「この曲素敵ッ!!」とプレイしてみたくなって、

最初に興味を持ってから買ったのが家庭用のポップン6だった(それのパッケージと取説で推してるキャラがスミレさんだった→一目惚れ)んだけど
そのポップン6にショルキー担当の曲がふたつ入ってたんだ。
家庭用の6でしかできない『フォーキー』って曲と、ショルキーが最初に登場したときに持っていた『J-テクノ』って曲。
J-テクノは初代にして至高のインスト曲である。聞くだけで胸が躍るというかよくこんな曲十数年前に黎明期の音ゲーに入れられたな!みたいな神がかった曲である。
これまでに音ゲーいろいろやったけど、今では好きなビーマニ曲三つあげろと言われたらまずしょっぱなに口から飛び出すくらい好きだ。
QuickMasterSABERWINGDiamondDust
で、本当は家庭用だと初代でしかできないはずが、家庭用6(以下CS6)にも『過去の名曲を再収録』みたいなノリで入ってたんだけど、
でも最初はもちろんスミレさんしか眼中になかったし、
なぜかマイナーな『フォーキー』の方が印象に残っていて、当時CS6とアーケードの18しか知らなかった私は
名前も併せて『ショルキー=フォーキー』という印象しかなかったのであった。
そもそもCS6にはいろんな曲がものすごいたくさん入ってるので、J-テクノが入ってることに気づいてなかった。

でも実は、最初に「ポップンやりたいので私の好きそうな曲があったら聞かせてください」とお願いした際に「こんな曲もありますよ」と教えていただいた数曲の中に思いっきりJ-テクノがあって、
難易度の低さもありアーケードでは真っ先にプレイしていた。
あの頃は必死すぎて右画面で踊るショルキーは全く目に入っていなかった。

それはともかく、時を経てヒヨッコポッパーだった紅狐さんもレベル20くらいはクリアできるようになってきた。
シンフォニックメタルop2(ナイトさんの曲)を勧められて大ハマりし、4ヶ月そこらくらい使っていた頃であった。
そのときちょうどバイト先の中古ゲーム屋に家庭用ポップンコントローラが入ってきたので、思いっきり押さえた。
そして半ば放置プレイだったCS6を本格的にやりはじめたら、当初ふつうのコントローラでは指がこんがらがってとてもできなかったあれやこれやの曲ができる!どんどんクリアできる!
面白がってちょうどレベルがアーケードでできるのと同じくらいだったフォーキーのハイパー(同じ曲の難易度が高い奴)に挑みまくってるうちに、ふと右の画面の人を見て
「なんか…こいつすっごいダバダバした動きしてんなあ…
 すっげーほがらかな笑顔してるし足変な方向に曲がってるし大丈夫かなあ…」とか思った。
それがショルキーとの改まった出会いであった。

そんなある日の夜。
「おっ『J-テクノ』って曲がある!テクノ好きだしちょっとやってみよう」

「おっこれ聞いたことある!Wizさんに最初に勧めてもらった曲だ!ていうかアーケードでやった!」

「おっこれ担当ショルキーだったんだ…おお相変わらずダバダバしてんなあ…」

「おっ…なんか改めて聞くと…J-テクノめちゃめちゃいい曲だな…」

「今日はちょっとこれ極めるまで頑張ろう」

「…しかし冗談みたいにダバダバしてんなあこいつ…」

「なんかかわいく見えてきた」

「ショルキーかわいい」

「あれ………?ショルキーかわいい………?」

「こ、このダバダバ野郎すげえかわいい…」

翌日アーケードでポップンやる際にはもうマイキャラがショルキーになってた。
いや正確にはもうちょっとJ-テクノを極めるまでのスパンが一週間くらい長かったんだけど(ていうかまだ極めてないんだけど)、気がついたら突然好きになってたことには変わりない。
長くなったけどそういう経緯です。

ちなみにそんなショルキーさんのダバダバ具合がこちらである。(これはCS7)
いや、本当はこんなどころでなくてフィーバーモーションとかもうものすごいダバダバしてんだけど、アーケードでは見られないので
気になる方はぜひCS6をゲットしてその目で確かめてほしい。




後に知ったけど、CS6のショルキーは「ポップンステージ」というポップンの派生ゲームにJ-テクノが入った時の姿を流用していて、
実は普段のショルキーよりも余計に妙な動き(とカラーリング)だったのであった。
だって襟足フェイゾン色だもんな。
そんな感じでこのショルキーづくしのなれそめはまずフォーキーとJ-テクノだったんだけど、
J-テクノこと『QuickMaster』との思い出はまだしばらく続くというか、
ただの『この襟足変な色のダバダバグラサン野郎かわいいー!』が『主食はショルキーですもぐもぐ』とか言い出すくらいに道を誤る経緯がまだいくつかあるのであった。
それはまあまた別の話に。

それにしてもこの誰が読んで得をするんだかわからない感じがすごい往年の報告書っぽくなってきて
今すごい我ながら何やってんだろう俺とか思っている。
とにかく、今からポップン始める方には『J-テクノ』がオススメですよ!全力で。



*Web拍手返信
ありがとうございますだなんてそんなッ… 長らく置き去りにしていたにも関わらず、
また読みにきていただけただけで私は嬉しくて嬉しくてたまらなくて
こちらの方がいくら書いてもお礼を言い足りないくらいです…!本当に、本当にありがとうございます!
あいかわらず訳のわからない日記ではありますが、楽しんでいただければ光栄です…!!
PSP買っちゃった。(挨拶

いや、正確にはバイト先の特権を利用して、
中古をお取り寄せして明日手に入るって状況なんだけども…
3000の赤×黒バリューパックでございます。
普通は今出てるのが『ラディアントレッド』っていう鉱物っぽい若干えんじ色がかった赤なんだけど、
今回のは去年の冬に出た特別な色なんだ。
青×白も併せて、モンハンとセットで出た奴の単品バージョンというかなんというか。
なんかシャドウみたいなツートンカラーで、普通のラメ入ってるのより素材がプラスチック的。
新品で出たとき、いつかPSP買うなら絶対この色にする!!!と心に決めていた色です。無事状態のいい奴を見つけていただけてよかった。
あとついでにポップンのポータブル版と『ルミネス』も一緒に買う予定です。
そのうち『100万トンのバラバラ』も買うんだ。前に友達に勧められてからむちゃくちゃ気になってた。


このタイミングで何で突然勢い余ったかというと、
なぜだかうちのお店でPSPの買い取りが相次いで、中古のお値段が歴代再安値を叩き出したからなんだ。
あのPSP3000が12000円弱で買えますよ奥さん!メモリースティックは別売りだけど!
液晶保護シートも忘れずにね!
でも今回俺がゲットしたのはもう出荷してない限定色なので、実は他の一般色と比べてそんなに値下がりしてなかったりする。
ぶっちゃけ今買う必要全然なかったんだけど…
いや、でも正直『ラディアントレッド』はあんまり好みの色じゃない(個人的に)。
どうせ通常色買うなら青(『バイブラントブルー』)がずばぬけてきれいだと思う。何なのあのキラキラ感沖縄の海みたい(沖縄行ったことないけど)。しかし紅狐が青買うってどうなんだ。改名すんの?
無駄な意地だけど、今まで携帯機は全て『画面の縁が一番地味な色』で揃えてきたので、あの輝く青買うのはむちゃくちゃ抵抗ある。そもそもバイブラントって何だ。
黒もきれいだけどあれは死ぬほど指紋がつくので気になって気になってゲームどころではない(個人的に)。
どうでもいいけど何で携帯電子機器の黒ってあんな指紋目立つの?クリーニングクロスを一緒に買えという陰謀なの?と思う程度には指紋やばい。もうちょっとツヤツヤ感抑えてマットな色にすればいいんじゃなかろうか。それだと高級感が出ないのか。そうか。

せっかくお安い時期なのに全然値下がりしてない、一番欲しい色の中古を買うか、
若干妥協して、激安で新品の別色を買うか。
正直本体の色なんてゲームを遊ぶぶんには関係ないし、お財布と相談すると前者を買うのは相当アホなことであると思う。
でもさんざん迷った末赤×黒を選んでしまいましたとさ。

ゲーム機ってふつうにしてると次世代機が出るまで買い換えないもんだから、必然的に長いつきあいになるのよね。
モデルチェンジ機を買わないでいると、その長さはよけいに伸びまくる。
DSなんか未だに発売日に買った、弁当箱みたいな初代シルバー使ってるし。
(中学の時既に使ってたような気がするから…何年目だ?)
その長いつきあいの中で、顔見るたびに(あああの時妥協して赤×黒じゃなくてこの色買ったんだよなあ…)って思うのはちょっとイヤだった。なんか本体にも失礼なような気がする。
今回はどうしても手の届かない超限定品ならまだともかく、少し頑張ればゲットできるという感じなのでなおさらである。

若干反省はしてるけど、後悔はあんまりしていない。
こないだ唐突に、ヘルボーイ(映画版)に登場するクロエネンって人に一目惚れして
中野のまんだらけにフィギュア(人気なのでわりとレア)探しに行って、なんということか偶然あったにも関わらず「思ったより高いわ…もうちょっと考えよう」と保留して
後からもんのすごく手に入れたくなってきちゃって
いざ次(三日後)来たら当然のようにいなくなってて、最初に買わなかったのを転げ回るほど後悔して
結局同じものをヤフオクで落とした  というギャグみたいな体験をして以来、前より妥協精神が減ったような気がいたします。
俺はー、妥協をー、しないぞー。 うおおおお。

「今まで携帯機は全て『画面の縁が一番地味な色』で揃えてきた」理由は、青いお茶碗使ってるとご飯が青く見えておいしさ5%ダウン(するような気がする)っていうのと同じで
画面脇が派手な色だとプレイ中ちらちらして気になるんじゃないかなあ、とかそういう無駄な配慮に基づきます。
案外ゲームしてると画面外見てる余裕なんて全くないから全く気にならなかったりするんだけどさ!

ちなみにその赤×黒は、画面側が黒、背が赤という
そのポリシーにピッタリなカラーリングで、「これほしい!」と思った一番の理由はそこにあったりする。
GBASPも似たようなカラーリングで『ボクらの太陽』同梱の限定カラー『ジャンゴレッド&ブラック』っていうのをわざわざ手に入れたんだけど、今まで目にしてきた携帯ゲーム機ではあれが一番理想だ。
持ってないけどDSLiteの『クリムゾンレッド×ブラック』もすんごい好きで、DS買い換えるなら絶対あれがいいんだけど
「今更Lite買うくらいなら3DSにしとけよ!」と怒られたのでしぶしぶあきらめている。 初代DSまだまだ現役だしなあ…


ところでそんなこととりとめもなくポメラ様で書いてて
「うわーこの感じ懐かしいわー」とか思ってたのがバイト(昼番)の休憩時間だったんだけど、
その後交代するはずの遅番の方が体調不良でダウンしちゃったので
まさかのピンチヒッターとしてロング勤務してきた。
すごいぞー。昼の一時から夜の一時までバイト先にいたぞー。途中夜食食べに一回家まで帰ったけど、さすがにこれだけの時間お店にいたのは初めてだわ!
しかもその翌日の朝番にシフト入ってるんだなあ。もうまるでバイト先に住んでるみたいになってて超楽しい。
当のPSP(とソフト)もこの朝番中に届くはずなので、いろいろ期待しつつ頑張って参ります。
待ってろルミネス。


*拍手返信
・ありがとうございます!!なんだかぐだぐだ感120%増しな感じになってますが、自分でも楽しくなってきました!
わ…私は…私は…私はッ…!! (挨拶


む…むちゃくちゃお久しぶりです。
前の記事が前の記事なだけに、なんかすごい思い詰めてるような感じになっていますが、
右下の赤い小窓をのぞいていただくとすごく分かる通り毎日うかうかうかうか過ごしております。
元気ー。イェーイ。 …いや、本当に元気です。

具体的にはあの後えーと…いろいろあったなホント…
未だに一日一メカは描いてるしいっぺんまとめて作品にしてガッコ提出したこととか、

高校の友達とオリキャラで行程分けて合作やったりとか、
PORTAL2とか、メタルマックス2リメイクとか、Crush40のライヴに行った事とか、
メトロイド25周年祝いになんか描こうと思ってんだけど好きすぎて何描けばいいか迷ってる感じとか、
日に日に人工知性への愛は高まるばかりで天井知らずだし、
大学生活もいろいろと悩みもあるけど何一つ不自由なく暮らしてるし、
友達にも恵まれてるし、
今日なんか海行って遊んできちゃったし。
ついお手軽でケータイ片手にいつでも覗ける身近なツイッターに入り浸ってて
もう完全に報告書の代わりにツイートで済ませてたフシがありますが、
今日の日まであったその他もろもろの事象はだいたいそちらに吐き出してあることをご了承ください。

正直言うと、実は何度か『お久しぶりです!』をやろうとして
そこまであった過程を全部書こうとするたびに「ダメだめんどくせえ」というあるまじき理由で投げていました。
一度日記として書いたことをもう一度長文にまとめて書きなおすには、あまりにも時間が経ちすぎた。
元来三日坊主と、やるからにははしょらず全部やらないと気が済まないタチと、
『夏休みの宿題は31日にまとめてやることにして思いっきりぐうたら遊ぶけど
 いざ始めると量が多すぎて途方に暮れて途中で投げる』気質のあった私には、まとめるにはあまりにも溜め込んだ思い出的な何かが多すぎた。
ましてや待ちに待ちこがれたゲームの発売や、イベントなど数多くあった日にはとても。とても。

どうしよう。
参ったな。
全部まとめるのは無理だ。でもあれだけ楽しい事がたくさんあったんだから、書かない訳にはいかない…
でも量の問題どころか、その時高揚した気分を今書けるかっていうとますますムリだ。
そうするとものすごく楽しかったのに書いてる内容自体は捏造になってしまう。
ああーッどうしよう。
(すげーなむかしの俺ほとんど毎日日記書いてるよ!厨二病感はハンパないけど勢いだけは有り余ってるよ!
 すげーな… いや、い、今の私には無理だわ…)
そう思ってしまって、ついついFC2にログインするのさえ敬遠しがちになってしまっておりました。
自分の過去の頑張りようから目をそらしてしまったというか。
今冷静に考えると今までのコレは特に頑張ってる訳じゃなくて、毎日勢い余りすぎてつい書かずにはいられなかっただけなんだけど。


しかし、この空白の期間にぬいぐるみとかたくさん作ったし、
サイトも更新したい。 実は以前と比べるとあんまり創作の時間は取れなくなっちゃったんだけど、
それでも長い間続けてきた自分の軍(…た、隊長だし、腐っても)だから責任持って復活させたい。
ネタはいっぱいあるんだ。ツイートする内容がいっぱいあるのと同じように。
じゃあ更新しよう。R-F更新しよう。
そう思い立ったのと、
先日ふとしたきっかけで高校時代に作った『一番勢い余ってた作品』を改めて見る機会があって、
その流れでとうとう敬遠してたブログ拍手と、Web拍手を見る勇気が湧いてきました。
そして、今この状態に至ります。

8月の2日にweb拍手へ『待ってます』とコメントを残してくださったかた、
そして今の今まで、このひとつ前の記事のブログ拍手に50台もクリックを積み重ねてきてくださった皆様、
本当にありがとうございます。
今まで直視できなくてすみません…
これまでの勢いをどれくらい取り戻せるかはわからないけど、今度こそ出戻ってこようと思います。
単なるいちブログというか、個人の日記に過ぎないといったらそれはそうなんだけど、
一人でも読みたいと思ってくださる方がいるならもう私は嬉しくて嬉しくて仕方がないです…!
でも、あくまでもその方々のために書くのではなくて、
なんだか冷静になりすぎかけてたような気がする自分のノリを取り戻すために、
勢い余りたいと思う。以前までのように。 それでそのノリを楽しんでいただけたら光栄です。
(だって人のために日記書いてもそれは日記じゃないもんな…
 何より、このアホな勢い余った何かを、義務で書いたらそれこそ誰が読んでも面白くないと思うんだ…)


もういっそここまで間が空いちゃったから、詳しい事の説明は抜きにしようと思う。
最近は音ゲーにゾッコンで、『優勢OD赤鳥A安定させたいけど近所にリフレクないしせっかく痛パス作ったからたまにはゲトワやりたいのでホープ行くわ』
とかよくわかんない変な用語でしゃべりだしたりします。
短い間に趣味もだいぶかわりました。実はスタフォ643DSは買ってないし、今何故かPSPを欲しがったりしてる。
唐突にショルキーがどうのこうの…って言い出したら萌え語りです。
文章の書きかたもだいぶかわりました。
一人称とか、『....』が『…』になったりとか、句読点の数が大幅に減ってたりとか。
ものすごく話が前後するようになったりとか。それに唐突に気分が変わる。
まあそこはリハビリの気分というかなんというか…内容的には前とたいして変わってないか…
ただ、オトナ成分(よい子はマネしないでねトーク)は大変増えたような気がいたします。

ここまで書いて三日坊主で終わったらアホを通り越してシュールの域だけど、
とりあえずポメラ様を駆使して夏休みの思い出くらいは書いていきたい。
書けるかなあ。
書く事あんのかなあ。
でも毎日楽しいのは事実だ。 ちなみに夏休みは8月の10日から9月の10日までです。
その間にいっぺんはサイトの更新をしたい。
やるべきことが多くて戸惑ってるフシもあるけど、とにかく量をためて投げ出さない程度に面白がろうと思います。
約半年ぶりのアカギツネ・ザ・フォックスでした。




P,S,
モヤモヤ期間のなか、どんどん減っていく閲覧者数を見るに耐えなくなって、
エエイ!なければ見なくて済むだろう!と『カウンター(こっそり撃墜数)』を削除した。
…つもりだった。


………今さら気づいてしまいましたが、私が消してしまったものはどうやら
『リンク集(他軍の報告書)』であったようです……
以前までの報告書にリンクを貼っていてくださった皆様、そして貼らせてくださった皆様、
本当に申し訳ありません…
この期に及んで復帰するのもどだいお恥ずかしいので、貼っていただいているこちらへのリンクは
ご自由に削除・あるいはその他整理などしていただけると幸いです…
... 続きを読む
お久しぶりです。
このたびは日本中が大変なことになってしまっていますが、私は無事です。
怪我一つしてないです。

ここしばらく報告書書いてない間にいろんなことがあって…

怪しい記事を唐突に書いて以来ついったーに引きこもっていましたが元気です。
開けていた間は主にいろいろあった。すごいいろいろあった。ほとんど遊んでたけど。
学校が長い春休みなのをいいことに
・ひょんなことからXbox360を破格の値段でゲット
・ついでにオレンジボックスも購入
・岡野さんとふたりでディズニーランドへ行く
・夢の国行くの10数年以来でしたうっひょー
・ディズニーランド入って早々生の「グリーンアーミー」(トイ・ストーリーの兵隊)が行進するのを目撃
・高校の仲間と有志展をひらく
・有志展の作品をギリッギリまで完成させられず当日朝まで人生初の完全徹夜した
・フェルトの絵本を作りました
・PORALに心奪われて以来ずっと二人で恋い焦がれてきた旭ちゃん(中国留学中の高校時代同級生 有志展で日本に帰ってきた)と、朝から晩までアパチャーサイエンス三昧
・それをのぞいてもほぼ一週間に1回ペースでGLaDOSに会いに行く生活
・知ってるかいXbox360ってDVDも見られるんだぜ俺は知らなかった(ナイトライダー三昧)
・ポップンの自宅用コントローラも手に入れる
・自宅でポップン三昧
・なんかうまくなってきたのでアーケードにも本腰入れてしまう
・「なんかポップンでも本気で俺の嫁って言えるキャラクターいないかなー」とぼんやり考えていたら、機械でも人外でもなんでもない全く自分の趣味とかけはなれたキャラにハマってた
・※ショルキー
・ついでに岡野さんがシュワルツェネッガーにそっくりなキャラにハマった
・3DSの発売日にバイトのシフト入ってた
・てんやわんや3回目(ポケモン黒白、モンハンに引き続き)
・と思ったら予約のみの販売だったのでわりと忙しくなかった
・メタルマックス3のミュージックライブに行ってきて感動のあまり最初から最後まで泣いてた
・終わった後会場の外で呆然とするくらい素晴らしいライブだった
・ちょっとやそっとでは感想を書ききれない
・有志展で完徹して以来生活リズム狂いっぱなし
・朝寝て昼間起きて夕方も寝て夜中まで起きる体によくない生活
・そろそろ改善しよう
・前どういう生活してたんだっけ?
・報告書を書いたらいいのではないか?
・ていうか最近自分のとこまるごと放置しっぱなしじゃねーか!? ←いまここ
というわけでありました。
正直なところもう何がなんだか自分でもわからないくらい、いつになく間を開けてしまったので
何から書き始めたらいいかすらわからない。
どれがいつ頃のことで何がいつ頃あったのか覚え切れてない!おーい日記の意味ねえよそれ!


みたいな事を書いてる矢先にこんなことになってしまい、
もうこうして箇条書きした現実がすごい遠い日の出来事みたいに感じてます。
でも生きてる。生きてるからね!!
最初の地震のときは今日こそもうダメかと思ったけどどっこい生きてる。
平屋の木造の家だったけど全然大丈夫だった。
我が家の被害状況はたいしたことないんだ。
Mac様の液晶モニタがぶったおれたり上からフェルトの山とボード貼りポスターと裁縫セットが降ってきたり
どこから何が落ちてきたのかわかんないけど見事に直撃したらしくて買ったばかりのオレンジボックスの外箱が
ちょっと折れたりしたけど全然平気!ビックリするほど平気。
外付けハードディスクが横転しかかってたけど横に並んでたナイトライダーフィギュアの箱が支えてくれてた。
さすが正義の騎士。
俺自身も揺れた直後に座布団かぶって自分の部屋から飛び出したあと
お茶の間のちゃぶ台の下にスライディングで潜り込んで
「早く外に出なさい!」と言われて慌ててほふく前進で抜け出して裸足で外に飛び出して
世界が揺れているのを呆然と目の当たりにしていましたが、わりと冷静でした。
普段地震めっっっっっちゃくちゃ苦手で震度3くらいで窓から裸足で脱出するレベルだったんだけど
案外取り乱しはしなかった。 両親も一緒だったってのもあるかも。いやでも裸足は危ないから靴は履けよ。
友達も親戚も、身の回りの大事な人たちはみんな無事でした。よかった。少なくともそれだけは本当によかった。

でもなんか数日間は自分でも気づかないうちに結構精神的に追いつめられてたみたいで、
夜ごと泣きはらして目がただれてます。みんなも鼻のかみすぎと目のこすりすぎには注意な。
あとテレビの見すぎにも。これはアレだ、精神的な意味でだ。
現実から目をそむける訳にはいかないけど、被災してない地域の人が『自分には何もできない』って思って
思い詰めて病んじゃうのはそりゃ二次被災です。大丈夫だったからこそ気をしっかり持たなきゃ。
俺もなんか夜になると不安でなかなか眠れなかったんだけど、
本を読んだり絵を描いたりテトリス(DSで)したりして気を紛らわしてたら、少しは楽になったような気がします。
土日はバイトに出て(古本屋なのでなんかとんでもない事になってたけど平気だったとこだけ囲って普通に営業しました)働いてた。レジを打ってるあいだは何もかも忘れていつも通りの日常を過ごしてる気分になれた。
そんで、今日は地震の前からここしばらく会えてなかった岡野さんとひさしぶりに会っておしゃべりした。
なんかもう!もうね!張りつめてたもんが一気にストンと抜けたね!岡野さんの顔見て泣きそうだったけど
散々(地震のことも含めて)いつもの調子でしゃべり倒したらすんごいスッキリした。
ありがとありがとホントありがと…って面と向かってはこっぱずかしくて言えませんけどね!ありがと!!

『人を助けるってのは自分が無理をすることだけどさあ、本来助けられるべき立場の人が無理したらもともこもないと思うんだ。
 今回は日本全土が『助けられるべき立場』の人だと思うんだ間違いなく。自分のとこは大したことなかったから誰か助けたい!と思ってても、くれぐれも無理しすぎないでね できる範囲で無理しようぜ』
とか自分で言えるくらいには落ち着いた。(ついったにて)
今回の災害は信じられないくらい大規模なものだし、今も尚各地で救助や救援、復旧の作業が行われてます。
被災された方々や、作業に当たってる方々の事を考えるといかに自分がアホで無力か感じちゃうかもしれない。
でも、誰もが地震のことしか考えちゃいけないって訳じゃない。ちょっとは肩の力抜かなきゃ。
そんでしばらく頭冷やして、改めて自分にできることを見つけたらやればいいんじゃないかな。
(とか言わないと俺自身がどーにかなりそうだ)
募金とか、節電とか、目に見えることでもいいし
身の回りのなんか俺みたいに切羽詰まってる人の話し相手になるだけでもいいと思う。
そんで自分の身と心も適度に空気抜いときながら、今はいつも通りの自分を取り戻そうぜ。
いや主に俺自身に言ってるこれは。
というわけで、まだまだ災害の日々は間違いなく続きます。つらいこともいろいろあると思うけど
あんまり思い詰めすぎないように過ごしていきましょうぜ。ええ。
東京の紅狐から愛を混めて。いや込めて。自分の周りのことしか見えてなくてごめん。

すまない 私も被験者になる日が来たようだ
ご無沙汰してます!紅狐でございます。
むしろここを書くのにお前以外誰がいるんだ、とかこう挨拶するたびに思ったりするけど紅狐でございます。(挨拶

ここしばらくはレポートとか課題の提出が重なってて大変忙しかった。
でも今日全部講評まで終わったから!
これからなんと4月まで春休みなんだ!!
今のうちにやりたいことやんなきゃいけないこと全部やって、次のもろもろラッシュに備えねばならぬ。
ポートフォリオとか説明会とかそういうのね…
まあまずは2月の頭に高校の仲間と有志展やるんだけど
それの作品にまっっっっったく手をつけてないのでがんばる。
が…がんばる。(※完全に何かのフラグ


それはともかく、先日成人式を迎えまして
晴れてわたくしめも正式にオトナになりました。いえーい。
…市から来た案内のハガキはなくすわ、ないとどこで開催されんのかもわかんねえわ、そもそも行事に興味が薄かったなどいろいろあって
成人式そのものはサボりました…振袖は休み入って落ち着いてから改めて着るだよ。写真撮るだよ。
で、成人祝いに高校のみんなと居酒屋行ったりしたんだけど
そこで何かに目覚めた。
夜中に、地元駅の凍えるホームで岡野さんといつものようにしゃべりまくってる中、何かに気づいた。
すなわち
『ところで俺、こんなカッコしてて本当にいいのか?』と。

実際お会いしたことがある方、日頃ここをお読みの方はご存じの通り、俺はまったく服に興味がない。なかった。
小学生時よりの古きにわたり「高くね?服買うくらいならゲーム買うわ」というフレーズで今まで全力でスルーしまくってきました。
よって、寒いところ大好きな俺にとって服とは完全にただの防寒のための何かであった。
それはもう、コーディネイトは私服校だった高校時代から全く変わらず、ヨレヨレズルズルの上着に同じくばかでかいシャツ、あと下は年中ジーンズがデフォルト。
自分で選んだ覚えのある服といえば、去年PORTALのシャツを買ったのが最初で最後だ。
いいのか20歳!
本当にそのままでいいのか20歳女子!
実はイタ飯とスイーツとキュートなものが好き!(間違っちゃいない

一方、親友の岡野さん(辛党)は俺とほとんど同じような趣味してるのに超オサレである。
ビビッドカラーにキャラTを着こなすニューヨーカースタイルの女の子なんだ。
…にもかかわらず、普段あれだけしゃべってたのに服の話題で5分以上続いたことってなかったんじゃないだろうか。「キットかわいい」だけで5時間持つのに。
そこでもう今回はせっかく目を覚ましたので、イチから彼女にお世話になることになりました。
服を買って、コーディネイトの仕方を習い、着るにはヨレすぎた服を捨て、化粧とまゆげの処理を教わる!
うん。全部やったよ今回は。妥協してないよ。

まずは成人祝いに親戚からいただいた一万円を予算に、
吉祥寺でごっそり「俺に合いそうな服」を選んでもらった。
…吉祥寺って定期圏内だし家から一番近い繁華街だから、20年間数え切れないくらい訪れてきたんだけど、
実際入る店って手芸屋とアメトイ屋とロフトくらいしかなかったんだよな…
吉祥寺はすごいところですよ皆さん。一万円で服が12着も買えますよ。ユザワヤとプラザカプコンだけじゃなかったよ。どんだけ偏ってたんだ見る場所。
いつも前を通り過ぎていたようないろんなお店に連れてってもらって、
「これはこのように着こなす」というのをばっちり教えこんでいただいて、前準備は万端に済ませた。

後日、その服にあわせるべく
中学の頃からずーっと履いてて両膝に大穴空いた年季もののジーンズを切った。つまり短パンにした。
心持ちも改まった。
断パン式を済ませたら、成人式よりよっぽどオトナになった気分がいたしました…

今大学の図書室でこれ書いてるんだけどさ。
履いてんだよちょうど。その切ったジーンズを。
黒タイツ履いて短くなったジーンズ履いてハイソックス重ね履いて
上着は赤いチェックのパーカーに中がピンクのYシャツ。
さらに伊達メガネも装備!どうだ!
つまりこういうことである。
4d3962139935e.jpg
*浮かれまくっている紅狐さんの図*

どうです。

image_20110121234851.jpg
*まるでLのようにズルズルしている、普段の紅狐さんの図*

…変わりましたねえ…

自分で言うのも何だけど、すごい変わったと思う。
なんていうか目の下にクマがあってもちょっと「あれっ昨日勉強してたのかな?大変だねー」って思ってもらえる感じ。いや夜中までメタルマックスやって遊んでたなんてとても見えないね!
こんなに服が印象を変えるなんて思ってもいなかった。本当に。
驚くべきことに、自転車置き場の係りの人に「あらかわいい服ね」って声かけられたからね今日!!
そんな!物心ついてから見ず知らずの人に服装かわいいなんて言われたのはじめっ…はじめてだよ…!!

ところで、メガネである。
岡野さんとの服選びの間に「お前やたら似合う」と言われて買った500円の伊達正宗、じゃなかったメガネ。
実はすっごい小さい頃からメガネあこがれてたんだけど、俺こんなにゲームだコンピュータだとサイバーな生活してるくせに視力だけはやたら良くて、今まで変わらず両目1.0なんだ。自慢です。
自慢だけどメガネかけたかった。すっごくかけたかった。その夢が今ようやく叶った。ワンコインで。
しかもなんか自分では実感できないけど、岡野さんには「似合いすぎるから外出るときは常にかけてた方がいいんじゃないか」とさえ言ってもらった。
あ…あこがれてきた甲斐があったね…!
確かに、メガネかけるとなんか服が栄える。
ないとまだ慣れない服に着られてる感じがするけど、メガネかけると突然しっくりくる気がする。よくわかんねーけど。


思うに、オサレとは世界につくばかでかい嘘ではないか。
伊達メガネなんて完全にそうじゃん。道ですれちがう見知らぬ人は俺がかけてるこれが伊達だなんて全く思わない!同じく誰かかけてたとしても、たぶん俺も思わない。
自転車置き場の奥さんだって、ついこないだまでサイズの合わないヨレヨレの服着てたとはついぞ思わないであろう。
俺だって大学で女の子とすれ違って、「あいつ昨日まで上下ジャージ以外着ない主義だったんだよ」とか言われても全くわかんない。
「長い間つき合ってる相手」とか、点の存在には一目でバレバレだけど
こう、社会っていうか何か大きいものに対しては積極的に関わる嘘であると思う。おしゃれ。
あとなんかおしゃれしてると自信つくね。何故かやる気も出るね。
着る前は「毎日服について考える時間あるなんてめんどくせーじゃん、その時間ゲームやるわ」と思ってたけど、
いざ考えてみるとそれがすごく楽しい。上が大きめだったら下はぱっつんがいいんだっけか…とか、岡野さんの教えを思い出して手持ちの服を漁るのが楽しい。

あとはこの偉大な嘘を、いつまでつき続けられるかってことだな!
嘘もついてりゃホントになる、ってことで、このままオサレな女子になりきれるよう頑張ります。
イタ飯とスイーツはもう好きだからきっとなれるさ。(問題はそこじゃねえ
少なくとも、ゲーセンで年齢確認されないくらいにはオトナになれたらいいな。せめて見た目だけでも。
そして今月のバイト代出たら、少し服に費やすための予算を分けておくんだ…




*コメント返信
meta_vipuriumさん>
 イエアー!絶賛したかいがありました!!(CLUの回し者
 本当にもうあの映画は映像美もさることながら音楽が素晴らしすぎて毎日特典のPV見てるありさまです…
 DVDが出るのを今から待ちきれなくてそわそわしてますwうおおおもう一回映画館に見に行くぞー!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。